愛犬の混合食

2018/09/20
English Cocker Spaniel standing indoors eating from a feeding bowl

犬にウェット フードとドライ フードのどちらをやるのが良いですか?それとも、自分で犬用フードを準備した方が良いですか?これらは、新しいペット オーナーが獣医師によく尋ねる質問です。犬にとって適切な栄養を摂ることは、健康的な発育の鍵です。したがって、どんなフードを与えるのが最善かを決めることはなかなか大変です。

ドッグ フードの種類

犬用ウェット フードとドライ フードを分ける最も重要な成分は水分量です。ドライ フードでは、水分含有量が約8%ですが、ウェット フードでは通常約75%です。これは、栄養素の含有量、したがって代謝エネルギーがウェット フードよりもドライ フードの方が確実に高いことを意味します。

100グラムの犬用ドライ フードは約370 kcalです。同じ量のウェット フードは100 kcal「しか」ありません。したがって、大きな違いがあります。また、これにより犬はたくさんの量を食べることができます。ドライ フードのみを与えて1日のエネルギー要求量を満たす場合、ウェット フードのみを与える場合に比べて、摂取量がおよそ3~4倍少なくなります。

犬用ウェット フードには、犬の味覚に影響を与える価値と刺激がより多く含まれています。犬用ドライ フードは噛むのがより難しく、問題になることがあります。特別選り好みをする犬は、ドライ フードを与えても実際に食べず、遊ぶだけでしょう。これは、硬いキブル(粒)に歯が立たないためかもしれません。犬は、キブルを食べ物ではなくおもちゃとして扱います。

混合食 - ウェット フードとドライ フードの組み合わせ

この2つのタイプのフードにはそれぞれ長所と短所があるため、多くのペットオーナーが両方を組み合わせるようになってきています。これは多くの利点をもたらす優れたソリューションです。

ウェット フードとドライ フードを組み合わせると多くのメリットがあります。ウェット フードに切り替える必要があるとき、体はこの変化に順応します。この切り替えは効率よく迅速に行うことができ、そして最も重要なことですが、切り替えても悪影響はありません。

犬にフードを与えるときに、1つのボウルにドライ フードとウェット フードを混ぜる必要はありません。また、同じタイミングであげなくてもかまいません。ドライ フードの利点の1つは、簡単に腐ったり強い臭いがしないことです。x

ただし、留意すべき2つの重要なポイントがあります。

Dalmatian adult sitting indoors on a white rug next to a stainless steel feeding bowl

適量のフード

ドライ フードは水分の少ない状態で栄養素とエネルギーが凝縮されているため、ドライ フードの給与量はウェット フードと違います。同じ量のエネルギーと栄養を供給するには、ウェット フードよりも約3.5倍少ない量を与えます。一日の中でドライ フードを1回とウェット フードを1回給与するときは、給与量が多すぎないよう注意が必要です。

これを考慮すると、一定量のウェット フードを食べた後に犬の胃が「大きくなる」ことがあります。多くの場合、ドライ フードを減らすと犬は物足りないと感じて追加の給餌を求めるかもしれません。飼い主によっては許してしまい、フードを(時にはたくさんのフードを)追加で与えてしまいます。追加のフードは体が必要としないカロリーであるため、簡単に肥満になる可能性があります。

1週間を通して1種類のフードを与えられ、週末の間はウェット フードを与えられた犬は、その突然の変化に対応できないかもしれません。つまり、下痢が現れることがあります。消化管は食物の配合と種類に慣れます。そのため、混合給餌法を開始するときは、食事の変更を徐々に行うことが重要です。新しい給餌パターンを導入する最適な方法について詳しくは、ここをお読みください

  • 胃腸の健康
  • 一般的なウェルビーイング

Back to Top